人生一度きり

終戦記念日に思う”感謝”の気持ち

妻の実家でマンガ「信長を殺した男」を読みました。(まだ4巻まで)

サブタイトルは、〜本能寺の変431年目の真実〜

個人的に歴史の真実というのは残っているものだけじゃ分からないと思うので、そこはあまり興味ないです。(笑)

だけど、100年前も400年前も人間は殺し合いをしていたという事実には興味があります。

自分は見ていないけど、これは明らかな「事実」ですよね。

歴史モノに触れると、こんな平和な時代に自由の国”日本”に生まれて、なんてラッキーなんだ!!と再認識できるのが好きです。

タノシオトナ
タノシオトナ
そう、つまり単純!!yeah!!

100年前の世界戦争も、400年前の武士の戦いも、平和な世の中を目指して命懸けで戦った人々がいたと思うと感謝しかありません。

両親やおじいちゃん、おばあちゃん、ご先祖様、歴代の日本人の方々に感謝!!

せっかくの人生楽しまなきゃって気持ちを見直せたお盆でした。

タノシオトナ
タノシオトナ
楽しんでたら喜んでくれるわな!!

記事を読んだら毎回、にほんブログ村のリンクをクリックしてね!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

応援よろしく!!(登録とかは不要なのでただ押すだけです。)

POSTED COMMENT

  1. rararaokei より:

    はじめまして。
    当然ながら、先人たちの存在があればこその私達、今の生活があるんですもんね。
    感謝して、個々人が人生を楽しむことが供養ですね。

    • 中野雄公 より:

      rararaokeiさん
      メッセージありがとうございます。
      そうですね〜。
      有り難くこの命を全うしたいなと思います。
      それもあまり肩肘張らず、気楽に!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です