プロフィール

はじめまして、タノシオトナです。

タノシオトナとは、「理想の働き方を実現し、豊かな人生を楽しく生きる大人」の造語です。

なぜボクがこの造語を作ったのか?

まずそのお話をさせてください。

ボクは、愛知県知多郡の自然豊かな場所で育ちました。

父は会社員で夜勤ありの工場勤務。趣味はパチンコ。(もっぱら海物語)

母も会社員で保険屋さんの営業の仕事。趣味もなく働きまくり。

両親共働きだったので、ほとんど一緒に住んでいた祖母が家事をしてくれていました。

家族の時間というのも少なくて、親のことが楽しそうには見えずいつも大変そうだと感じていました。

タノシオトナ
タノシオトナ
大人は眉間にシワを寄せて、嫌なことはガマンして、忙しく働かなきゃいけないんだなぁ…
 

そう思っていたので、大人になるのが本当に嫌でした。

大人になったらもう楽しい時間は終わりだ…と。

大学4年生の時、半ば諦めのような思いで社会人になったのをよく覚えています。

社会人になってずっとモヤモヤを抱きながら、好きでもない仕事を何年も辞められずにいました。

28歳のときに結婚し生活環境が変わると、それまで生きる糧にしていた”週末遊び”ができなくなり、ついに危機感を感じました。

このままこの仕事続けてたら、おれの人生めっちゃつまらんぞ?!

と。

そこで考えたことは、

「仕事を一生楽しめるようなことに変えよう!!」でした。

そう思いはじめた時、ちょうどフェルデンクライス・メソッドという身体統合メソッドに出会いました。

先生の技術(ゴッドハンド)、フェルデンクライスの哲学に惚れ惚れ。

「これはスゴイ!!こんな風になりたい!!」

と、今まで生きてきて初めて自分でやりたいと思えることが見つかりました。

年に3回、取得に4年間かかる資格を取りに川崎まで通いました。

このメソッドで身体から自分の自己イメージが大きく変化し、人生の大きなターニングポイントとなりました。

タノシオトナ
タノシオトナ
身体も使いやすくラクに動けるように、心も穏やかに、視野がとても広くなったのです!!
 

「いつか自分で開業して自由に働きたい!!」という想いを胸に秘めて転職を決意し、

当時興味を抱いた会社のある京都に移住しました。

京都に移住してから待望の第一子が産まれました。

そして、赤ちゃんと時間を共に過ごす中で不思議な感覚を覚えます。

“将来自分の子供にかけてあげたい言葉“をずっと昔から持ち続けていたことに気づいたのです。

その言葉とは「自分が好きなこと、やりたいことをやればいいよ」という言葉。

それに気づいた時、決意しました。

絶対に楽しい大人になろう!!

と。

なぜなら、子供にはうわべの言葉は通用しないから。

態度や空気感がそのまま伝わることを自分がよく知っているからです。

「大人って楽しそうだな。自由に自分のやりたいことが決められるなんて。早く大人になりたいな。」

そんな風に思ってもらうには、自分が人生を楽しんでいる姿を見せてあげるのが1番!!

タノシオトナ
タノシオトナ
ついに自分の根っこにあった“ガマンして生きる大人“のイメージを変える時がきた!!
 

「いつか自分で開業しよう!!」と胸に秘めた想いは持っていたものの、怖くて踏み出す勇気がない状態が続いていましたが、

赤ちゃんに背中を押されるように覚悟が決まったのです。

ボクからすると、今の日本の社会ってせかせか忙しなくて余裕がないから疲れて見える。

タノシオトナ
タノシオトナ
人間はもっともっともっと楽しく生きられるハズ!!!
 

まずは自分が理想の働き方を実現して楽しい大人になろう。

(↑タノシオトナ的「理想の働き方」はコレ)

なんなら、楽しい大人を増やしちゃおう!!

と、こんな風に「タノシオトナ」という概念が誕生したわけです。

それでは次に簡単なプロフィールを。笑

年齢:アラウンド40

仕事:身体から人生を豊かにするお手伝い

   障害に困難を抱えるこどもたちへの発達サポート→個性をはぐくむ運動発達サポートStars

   大人の方へもレッスンしてます→身体変革プログラム

趣味:サーフィン、スノボ、サッカー、フットサル、コーヒータイム、音楽(HIOHOP)、映画、漫画、太陽を浴びること

座右の銘:やってみないとわからない

好きなもの:シンプルで機能的で落ち着きある中に鋭さを感じるもの

夢:ゴッドハンドになって世界中から人が集まるような”心解き放たれるリトリート施設”を作ること

目標:寛大で優しい心の持ち主、仲間を大切にする、理想の働き方の実現、レッスン兼・宿泊可能な心地良いリトリート施設を建てる、ブラックジャック的すごい技術、億稼ぐ、などなど。

企んでること:受けて喜んでもらえる大人向けのサービスを展開したい

こんな感じで人となりが伝わればと思います。

↓記事を読んだら毎回、にほんブログ村のリンクをクリックして応援してね!!

ブログランキング・にほんブログ村へ