友達

フランスに住む友達がコロナウイルスで監禁生活してた

どうも、タノシオトナです。

久しぶりにアメバNEWSを見ていたら、海外はエライことになってますね。

フランスも外出禁止…。

ん…。フランス?そいえば、パリに友達が住んでますやん!!

ということで心配になり、早速メールを送ってみると…。

月曜日から外出禁止令で家から外に出られなくなったとのこと。

スーパーは営業していて食料を買いにいくのは大丈夫ですが、

外には軍や警察がウロウロしていて、買い物以外の外出が見つかると15,000円程度の罰金。

この1週間の内にフランス全土で約4万人が罰金を支払ったそうです!!

人が外に出ないということは経済は機能しません…。

パティシエである彼が働くお店もどうなるのか先が見えず、

なにか家でできることはないかと知恵を絞っている状態でした…。

ある程度の補償はあるようですが、とても不安ですよね!!

こうやって身近な体験談を聞くと、人ごとではないです。

アメリカ、イギリスも同じく外出禁止令を出したので、日本もそうなる可能性があり得ると思いました!!

タノシオトナ
タノシオトナ
心の準備しとこ!!

コロナウイルスの特徴

コロナウイルスの特徴について、ips細胞の山中伸弥教授が発信している情報がとても分かりやすいので、

ボクが理解したことを抜粋して紹介します。↑詳しくはリンクをご覧ください。

主な特徴は、

  • ほとんどの人が咳や熱などの症状しかでない
  • 高齢者や糖尿病などの持病を持つ方には恐ろしい牙をむく(70歳以上の感染者の死亡率10%)

弱いものイジメをする厄介なウイルスというのがボクの印象です。

若くて健康な人だと感染したことにすら気づかないことがまたタチが悪い!!

例えば、自分は無症状でも

おじいちゃんやおばあちゃんを殺すウイルスを持ってるかもしれないと考えたら怖いですよね。

インフルエンザとの違い

インフルエンザは死者も出ますが、ウイルス感染そのもので亡くなる方はあまりいません。

それがきっかけで細菌性の肺炎になったり、持病が悪化して亡くなる方が多いです。

一方で、コロナウイルスはウイルスによる肺炎が急速に悪化するのが特徴です。

そして、インフルエンザは冬に流行しますが、コロナウイルスは常夏のシンガポールでも感染していて季節は関係ない可能性があります。

インフルエンザに対する免疫は、多くの人が多少なりとも持っているそうですが、

人類が初めて経験するコロナウイルスに対する免疫は感染した人しか持っていません。

コロナウイルスは長期的な影響がある?!

ウイルスの情報をちゃんと知ることで、なぜこれほどの騒ぎになっているのかがよく分かりました。

山中教授の情報は、なぜか信頼感を感じました。

コロナウイルスめちゃめちゃ厄介なやつですね!!

コロナウイルスとの闘いは短距離走ではなく、マラソンです。と山中教授はおっしゃっています。

個人として気をつけることは、

「人が密集していて、空気が密閉されたところに行かない。」

「高齢者や持病を持つ方に接しなければいけない時は、細心の注意を払う。」

現時点の情報からは、この2点ですね。

「自分の行動が人の命を奪う可能性がある」ということが分かったので、ボクもこれから意識して行動したいと思います!!

タノシオトナ
タノシオトナ
今からでも遅くはない!!

感染を防ぐのは、”気づかう意識の高さ”じゃないでしょうか。日本人が得意とすること!!

ちなみに、フランスの友達にできることはないかと考えてzoomでフェルデンクライスのレッスンをしました。

意外と元気そうでホッとしましたが、長ければ4週間家から出られないので精神的にはキツいと思います。

フェルデンクライスは家の中でも体を動かせるし、体がラクになり不安も軽減できると思うので、またレッスンしたいと思います!!

それではまた〜!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

このバナーをクリックして応援よろしくお願いします!!※クリックするとランキングとタノシオトナのテンションが上がります!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です