趣味

自分車史

どうも、タノシオトナです。

昨日のブログ↓で書きましたが、僕は車が好きです。

今日は、自分車史と称して

(だれも興味ないかもしれないけど。笑)

僕の車との歴史について書きたいと思います。

まず、免許を取ったのが高校3年生の卒業間際。

合宿で免許を取りにいきました。

免許を合宿で取るって良い仕組みですよね!

すごく面白かったのを覚えてます。

僕の実家は、愛知県のド田舎なので

1人1台車を持つのは、

当たり前の世界なのです。

車なしでの生活はめっちゃ不便。

だから大人になれば車に乗るものだ

と、当たり前のように思っていました。

1台目 エスティマルシーダ

はじめて乗った車は、

トヨタもエスティマルシーダ!!

大学1年生の時、親のお古をもらったんです。

この車はもらった時にもう17万キロくらい走っていて

ディーゼル車でエンジン音がうるさく、

カッコよくないけど、

少々ぶつけてもいいくらいに思っていて

自由に乗れていました。

トランクにバカでかいスピーカーを載せて

よく爆音を流してドライブしていました。

当時は“CLUBルシーダ”の異名を持っていたくらい(笑)

ドゥンドゥンしていて、楽しい車でした。

思い出深いです。

2台目 ハイラックスサーフ

そして、2台目。

社会人1年目で、買うつもりはないのに

車屋さんに見に行って、

カッコよくて

その場の雰囲気に乗せられ、即購入してしまった

トヨタのハイラックスサーフ!!

これは僕の人生史上記憶に残る、大きな失敗でした!!

あまり考えずに勢いで買ってしまったので

(もちろんローンで)

1年以内に嫌になって売ってしまったんです。

しかも嫌になった理由が、いざ乗ってみると

自分にはこの車が似合わないんじゃないか。

と思いはじめてしまったこと。

新車で360万くらいだったと思うんですけど、

新卒でそんな稼いでもないし、

カッコいい仕事もしてないし、

維持費も高いし、

こんな車に乗ってるのって

なんか見栄張ってる状態(その状態をミエハルという)

みたいで嫌だな〜って。

いわゆる自分のコンフォートゾーン

外れた買い物をして、心地よい状態に戻ろうとした

典型的なパターンですよね。

コンフォートゾーンについては←この説明を

そこで僕がとった行動は

サーフを早めに売って、

もっと自分に合った車に乗る!

でした。

3台目 サクシード

新車で買ってしまいました。

良く営業車で使われている車です。

あ〜あのダサい車ね!っていう車。

この車をダサカッコよく乗ろうと思ったんです。

音響もこだわったのですが、

なんか失敗した感はありました。

今思い出してもちょっとショック感あります。笑

やっぱり高いモノを買う時はちゃんと考えるべき!!

サーフからサクシードまでの失敗から学んだことです。

そして、本当に自分に自信がなかったんだなと

今は思いますね。

サクシードは京都に引っ越しが決まって売却するまで、

5年くらい乗りました。

4台目 エクストレイル

京都に来てからしばらくは、車を所有しませんでした。

京都市内はコンパクトなので、

自転車で十分だったんですね。

だけど、サーフィンに行きたい欲が出てきてしまい、

ついに車を購入!!

買ったのは、中古のエクストレイル!!

安くて、良い買い物でした。

はじめて納得の車。

と思ってたんですよ。

だけどね、

この車を買う時は、

お金があまりないから

〜万円までという枠の中で検索していたんですよ。

よくよく考えたら、

最初っから妥協してるじゃないですか!!

こういう人生なんですよ。

僕の人生は!!!

妥協の産物だ!!!!!

喝!!!

もう嫌なんですよ。

妥協は!

思いっきりやりたい!!!

どうせいつか死ぬんだからさ。

だからね、次乗る車は妥協しない!!

車だけじゃなくて、人生も妥協しない!!

熱くなってしまいました。

でも、本当に自分のやりたいことをして

自分に胸を張れるような

人生を歩みます。

これは自分への約束。

以上、妥協の塊、タノシオトナの自分車史でした。

大体さ、

「じぶんくるまし」

って何やねん!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です