趣味

映画「ジョジョ・ラビット」を観てきました

どうも、タノシオトナです。

今日は優しい妻に自由時間をいただき、映画鑑賞に行ってきました!!!

お目当ては「ジョジョ・ラビット」約2年ぶりの映画館。

子供が産まれる前はあんなに時間があったのに、今は映画を観るなんてとっても贅沢な時間の使い方!

なんて幸せなんだ!!幸せとモスバーガーを噛みしめながらの映画予告。

すでに感無量!!

 

映画の内容については、これから観る方もいると思うので、触り程度にしておきます。

第二次世界大戦下のドイツ

空想の友人ヒトラーの助けを借りて立派な兵士を目指す10歳の少年ジョジョ。

そんな彼の家にユダヤ人少女が匿われていた!!

映画自体はめちゃめちゃ面白いです!!!

超オススメ!!!

 

でも今回は内容よりも気になることがありました。

それは、10歳の少年ジョジョに対する自分の感情移入具合。

自分の子供だったら…。とか、観ながらそういうことばっかり考えるんですよ!!

マジかい!!!

もうね、別人ですよ別人!!

タノシオトナは完全にお父さんです!!笑

 

親の経験をすると、他の子供の見方がこんなにも変わるんだ驚きました!!

普段は意識してないので、こういった形で気づくとは…。

逆に言ったら、物事って経験しないと、分かっているようで何も分からないってことですよ。

やはり自分の経験は財産ですね!!!

「知識よりも経験」だな〜。改めて感じました。

 

そして、映画の最後に出てきたメッセージがコレ↓

すべてを経験せよ

美も恐怖も

生き続けよ

絶望が最後ではない

R.M.リルケ

リルケさんのことは知らないけど素晴らしい詩。胸に刻んで進み続けます!!

 

この映画で感じたもの。それは…、

愛ですよ!愛!!

家族、仲間、大事です。一人じゃ生きていけない。そして、いつ何が起こっても後悔しないように生きたい

今を大事にしよう!!

そんな感じです。まとめると、「」。

今日は家族に優しくできたタノシオトナでした。

 

それでは!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です