フェルデンクライス博士

イスラエル初代首相ダヴィド・ベン=グリオン

どうも、タノシオトナです。

今日も天気が良くて気持ちいい陽気…。

さっき買い物に行ったら、スーパーのレジの人がみんなゴム手袋になってた!!

動物園に行きたいんだけど、まだまだ先になりそうですね。

今、現実に起こってること。なんか違和感あるんだよな…。

根本を疑ってみることが必要だと感じてます!!

タノシオトナ
タノシオトナ
まずは自分が疑ってみてる!!

おうち時間は、まだまだ続きます。それぞれ今できることをしましょうね!!

先日の記事でアイキャッチ画像を描くのに、イスラエルの国旗をはじめて見ました。

先日の記事はコチラ↓

国旗がカッコいい!!

ダビデの星(六芒星)は、ユダヤ民族を象徴するしるしなんだって。

イスラエルの初代首相は、”イスラエル建国の父”と呼ばれているダヴィド・ベン=グリオン

なんと、ベン=グリオンとフェルデンクライス博士には繋がりがあるんです!!

 

 

以下、本からの抜粋です。

当時のイスラエルで、フェルデンクライス博士の名声が上がりました。

71歳になり、坐骨神経痛と腰痛を患っていたベン=グリオンは1957年に彼の生徒になりました。

痛みがあまりにも激しく、議会で立ち上がって発言するのも困難だったのが、何回かレッスンを受けたあとには、戦車に飛び乗って部隊に向かって演説できるようになりました。

フェルデンクライスの家は海岸沿いにあったので、ベン=グリオンは朝、首相としての仕事に着手する前に海でひと泳ぎをし、それからレッスンを受けました。

フェルデンクライスは、ベン=グリオンに逆立ちをさせたことがあります。

テルアビブの海岸で逆立ちをする高齢の首相の写真は選挙戦で使われ、世界中の人々が目にしました。

フェルデンクライスはすぐに、世界各地を回ってレッスンを実施するようになりました。

生徒の数が増えていくと、フェルデンクライスは、彼の言う「脳でダンスをする」方法が、

脳卒中、脳性麻痺、多発性硬化症、ある種の脊髄損傷、学習障害、あるいは脳の一部の損失など、重度の脳の損傷に起因するいかなる症状をも改善できることを発見しました。

脳はいかに治癒をもたらすか 〜神経可塑性研究の最前線〜 ノーマン・ドイジ著より

↑この本は面白いですよ〜!!興味のある方は是非読んでみてください。

ベン=グリオンが海岸で逆立ちしている写真がコチラ↓(うちに飾ってあります。)

めちゃめちゃキレイな三点倒立!!笑

首相に逆立ちをさせるなんて、さすがフェルデンクライス博士!!

イスラエルは死ぬまでに1度は行ってみたい国!!

早く旅行に行ける世の中にならないかな~。

それでは〜。楽しいおうち時間をお過ごしください!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

このバナーをクリックして応援よろしくお願いします!!※クリックするとランキングとタノシオトナのテンションが上がります!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です